SERPAGEPLAYER

ttl_player.png

jun.jpgNo.7/JUN/FW
週一のサッカーと隔週のフットサルで精進中。ワンタッチ、トラップ、トゥーキックがテクニックにも勝るとプレイを心がけている。

shino.jpgNo.10/SHINOTTI/MF
キャプテンとしてチームを統率。後方からの大きな声での指示は苦しいときに味方を助けています。守備面では問題なしだが、攻撃の際の冒険心がもう少し欲張りたいところ。

yama.jpgNo.4/YAMAGUCHI/DF
キャプテンが先走りしたときに副キャプテンとしてチームとのギャップを埋める役割として皆から信頼。ミドルシュートの精度が徐々にあがっている昨今。今年さらに期待。

alaki.jpgNo.16/ALAKI/MF
身体のキレは80%位でも実力は充分。入団当初に見せていた鋭角からの鋭いシュートが見たい。シュートパワーはチーム一。更なる復調に期待一杯。

nakae.jpgNo.6/NAKAE/DF
前線へのトリッキーなパスは相手にとって脅威になるはず。さらに精度が上がれば言うことなし。ただ、攻撃の時には攻めながらも全体のバランスを保つ広い視野がもてれば○。

wata.jpgNo.5/WATANABE/DF
大きくなったお腹も、逆を言えばどっしり構えて頼もしいDFになるはず。相手へのプレッシャーのかけ方は○。ボールを奪った後の前線へのパスをもう少し丁寧にしたい。

tsubo.jpgNo.11/TSUBO/MF
テクニック、キープ力に関しては問題なし。今年はドリブルとワンタッチプレーを組み合わせてみればプレーの幅がさらに広がりそう。それを可能にするのは体力でしょうか。

matsu.jpgNo.1/MATSUMOTO/GK
一対一は絶対的に強いGK。相手の足元に飛び込むその勇気には感服。時々ポジショニングの修正が遅れることが次の課題。最後尾からの的確な指示が出せればまさに鬼に金棒。

haru.jpgNo.8/HARUTA/MF
チーム随一のキープ力。最近は家庭の事情でなかなか参加できないけれど、今年は是非復帰して実力発揮を熱望する選手の一人。

fukuda.jpgNo.12/FUKUDA/MF
やっぱり仕事が忙しすぎるのか。最近体のキレが落ちているような気がしてちょっと心配。体調さえ万全であれば味方にとって非常に頼りになる存在。パパ、頑張って下さい。

caori.jpgNo.20/CAORI/DF
当たり負けしない体力作りが功を奏してきて、守備面での安定感が出てきた。今年は攻撃の際の味方へのフォローが課題か?キャプテンの親身なアドバイスが上達のカギです。

dammy.pngNo.21/KOZUE/FW
最近たまに復帰したものの約一年のブランクを感じさせないところはさすが。ポジショニングには定評がありますが、それを生かす基本技術が向上すればゴール量産も可能なはず。

dammy.pngNo.2/MIYUKI/FW
どんなパスに対してもトラップ、シュートは素晴らしい。トラップからシュートへのタイミングは他の人には真似できない「間」も良い。

dammy.pngNo.14/IKI/MF
若手PLAYERの一人。最近は指示出しの声も出るようになってきて今後に期待。スタミナがつけばもっと良いんだけどなー。

dammy.pngNo.18/KOSHI/MF
見かけによらず軽快なプレーで試合にメリハリをつける役割も○。なかなかのテクニシャンだが気が緩むと雑なプレーも。気をつけよう。

dammy.pngNo.17/MASUDA/MF
若手PLAYERの一人。優しいプレートは裏腹にテクニックもなかなか。後は遠慮せずにチャンスの時はドカッと シュート打てるようになればGOOD。